火災保険に加入する人は必見!保険の選び方

火災保険加入の強制力は?

火災保険は、住宅を購入した場合に不動産会社が頼んでもいないのに初期経費の中に火災保険料として計上していることが多いですね。それを見ると、火災保険の加入は強制に思われるかも知れません。でも、実際には火災保険の強制加入はありません。入りたくなければ入らなくてもいいのです。ですが、火災は自分が原因でなるとは限りません。隣家から出火して燃え移ることも考えられますし、自然災害で火災になるかもしれないんです。そうなったときにだれが自分の家を守るかといえばやはり自分たちしかないわけですね。

火災保険はどれがいいの?

「火災保険の加入に強制力はないがやはり入っておいたほうがいい」これが住宅を持つ人の認識ではないでしょうか。では、火災保険はどの会社の商品を選ぶべきでしょうか。保険会社は30社以上あり、よく知っている保険会社からあまり聞いたことがない保険会社までさまざまにあるのです。その中でどれが一番いいかは、その人が保険に対して何を求めているか、あるいはその住宅が建っている土地の形状はどうかによって変わってくるためこれがいいとは一概に言えないものです。

水害の基礎知識は重要!

火災保険で問題になりやすいのは水害(水災)についてです。近年自然災害は予想をつかない部分が多くなっていますね。突然の豪雨で川が氾濫したり、土砂崩れに合って家が流されたりすることはニュースで流れていますが、災害数が増えていることを考えると自分の家ももしかしたら例外ではないということです。ただ、だからといって調べもしないで保険会社の言われるがままに水災の保険をつけることはないんです。例えば高台にある家などは水害になることはあまり考えられないため、わざわざ水災を付けないほうがいいでしょう。結構割高になりますから。それよりも水災の保険がなくて安くなる会社を選ぶべきなのです。

火災保険とは、火災によって生じた損害を補償する為のものと思われがちですが、実はその範囲は広く、火災以外にも落雷や台風、破裂や爆発による被害など様々です。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.